いろはのことのは。

対話を通して筆文字で言葉を贈る〝言葉贈り忍者〟として活動しています。忍者としても密かに活動中。

言葉贈りを始めてから得たこと。

忘れもしない2017年2月25日のギブフェスというイベントから言葉贈りの活動を始めました。

 f:id:irohanihoheto-shinobi1105:20171107122209j:image

 

主催者の1人だったあいぼんさん(平岡愛さん)と参加者の石丸弘さんの勧めもあって1人の人に対して詩を書く、言葉を贈るという活動を始めました。

ずっと自分の内側のものを作詞という形で書いていたので、1人の人に向けて言葉を贈るという活動を始めた当初は戸惑いの連続でした。

 

 

上手く書けなかったらどうしよう、僕が書いた言葉で喜んでもらえるのかな、心に届かなかったらどうしよう。。

そんなことばかり考えていました。

 

 

でも、書家として活動されているTADAさんに言われたことでそういったものは吹き飛びました。

上手く書こうなんて思わなくていい。

自分が感じたこと思ったことを書いたらいい。

 

 

僕は高校2年の時から作詞をし出したのですが、そういえば最初は上手く書こうとか心に届けようなんて考えてなかったなと。。

自分が書くことが好きで自分を最高に表現出来る場所が詩の世界にある!と信じていたから日が暮れても永遠に書いてたんやなぁ。

 

 

それがいつしか上手く書かなければ、心に届くものを書かなければ、そんなことばかり考えるようになって1人で勝手に苦しくなって書けなくなって大好きだった自分の表現方法も放り投げてしまった。

 

 

そんななにもかも見えなくてふらふらしてた時にあいぼんさんと弘さんが1人の人に対して言葉を書いてみたら?と言ってくださって、やってみよう!と思えた。

どうなるかなんてわからないけどこのまま暗闇の中でふらふらしてるのは嫌だ!と思ってたのもあって挑戦してみようと思えた。

 

 

最初のうちは恐る恐るやっていた。

でも書くからには全力で思うがままを言葉にして書いた。

みんなすごく喜んでくれた。

嬉しかった。

とてもとても嬉しかった。

 

 

1人の人に対して言葉を贈るってことは喜びや幸せ、感謝、いろんな感情がダイレクトに伝わる。

それはこちらからも相手からも。

だからこそ上手く書こうなんて意識しなくても良いし、心に届くかなとか変に悩まなくてもいい。

 f:id:irohanihoheto-shinobi1105:20171107122554j:image

 

僕が好きな詩、言葉を相手のことを思いながら思うがままに書いた言葉で感謝をされるなんて感謝してもしきれないぐらい嬉しいこと。

そのことをこの言葉贈りを通して感じました。

 

 

そして、表現者集団〝みんな表現者〟の皆さんにはいつも刺激を受け、前に進む力になっています。

表現方法は違っても目指すところは同じようなところ。

だからこそ通じ合えるし時には全力で意見も投げ合えるし全力で応援も出来る。

表現者にとって最高の環境だと思います。

f:id:irohanihoheto-shinobi1105:20171107122403j:image f:id:irohanihoheto-shinobi1105:20171107122456j:image

 

1人で詩を書いてるだけじゃ得られなかったことをこの1年で気付かせていただけたこと。

本当にありがとうございます。

これからも僕に書ける言葉を書いていきたいと思います。

 f:id:irohanihoheto-shinobi1105:20171107122521j:image

 

今日も命の貴重な時間を使って最後まで読んでいただきましてありがとうございます!