いろはのことのは。

対話を通して筆文字で言葉を贈る〝言葉贈り忍者〟として活動しています。忍者としても密かに活動中。

覚悟と楽しさと行動を。

降り続く雨と同調するかのように身体も心も曇り空、雨模様だったここ数日。

 

 

台風が来て多大な被害をもたらし、去ったと思ったらまた台風。

 

 

そんな心の荒天は台風が過ぎ去ったと同時に晴れ間が見えて来ました。

 

 

人と会ってお話しする。

お話を聞くって大切。

 

 

表現者として活動していく上での覚悟であったり心に留めておかなければいけないことは人とお話して見えてくることってたくさんある。

 

 

同じ話を聞いても聞き手によっては千差万別。

気付きを得る人もいるし、そうじゃない人もいる。

どっちが良い悪いではなくて、どっちも良いしどっちもあり得るって知っておく。

 

 

表現者として活動するからには出せる最大限のパフォーマンスを出したい。

出来ないからやらない、出来ないから怖気付くんじゃなく出来ないけど出来る限りやる。

それの積み重ねが大切なんだなと思いました。

 

 

硬くなりすぎるのも良くないけどふにゃふにゃと柔らかすぎても良くない。

ちょうど良い塩梅に茹でたアルデンテが理想。

 

 

僕は僕のやり方で、目指す世界を作っていく。

その為の礎を築いていこうと今日誓った。

 

 

世界から戦争を無くすのは大変だけど、世界の笑顔を増やすのは今この瞬間からでも出来る。

 

 

人の数だけ物語がある。

僕にだって物語はある。

人と人が出会うから物語は続いていく。

その人の物語を大切にするってことはその人自身を大切にすることだと思うので、一瞬一瞬を大切に生きよう。

でもたまには適当に生きよう。

それもまた物語だから。

 

 

今日も命の貴重な時間を使って最後まで読んでいただきましてありがとうございます!

日々たくさんのご縁を感じ生きてます。