いろはのことのは。

対話を通して筆文字で言葉を贈る〝言葉贈り忍者〟として活動しています。忍者としても密かに活動中。

習慣。

習慣がその人を作り上げていくのだとすると、習慣を変えることで人は変わることができる。 習慣といっても様々な習慣がある。 寝る時間、起きる時間。 食べる物、飲む物。 住む場所。 着る服。 訪れる場所。 仕事や学校。 出会う人。 思考。 などなど 挙げれ…

この命の使い方。

少し前に人は必ず死ぬと書いた。 それを踏まえて、ぼくの最近の頭の中はこの命をどう使うのか。 そればかり考えている。 人は必ず死ぬ。 今の技術じゃ長く生きられても100歳とちょっと。 必ずその歳まで生きられるという保証はどこにもない。 きっとぼくが思…

初盆。

昨日は昨年亡くなったおじいちゃんの初盆でした。 普段なかなか会いに行くことが出来なかったので昨日はたまたま弟と休みが重なったということもあって一緒におじいちゃんに会いに行ってきました。 きゅうりとなすびが置かれた仏壇の前に座り ロウソク2本に…

どうせ死ぬのだから。

どうせ死ぬのだから。 この言葉は決してネガティブな言葉ではないということを初めに書いておきたいです。 ぼくらは生まれてから死ぬまで死を意識することがいくつかあるはずです。 自らが事故にあったり事件に巻き込まれたり怪我をしたり病気をしたり。 ま…

生きる。

ぼくは今までぼくを生きてきたのだろうか? 何かに影響されて誰かに影響されて生きているのが人間なのだとしたら ぼくはぼくを生きていた瞬間はあるのだろうか それともこのすべてがぼくなのだろうか 経験したこと選択してきたこと感じたこと それら全てを覚…

大海原を泳ぐ魚のように。

ぼくは魚 日常というものが大海原だとする ぼくらはそこを自由に泳ぐ魚 過去の出来事や世間の常識と呼ばれものや他人の考えがこの海には釣り針のようにたくさん垂らされてくる その釣り針にかかったり無視したりかかっても運良く逃げ出せるかは自分次第なの…

マウンドからミットをめがけて投げるように。

いつだったかな。 友達に誘われて草野球に参加したことがあったんだ。 昔から友達とキャッチボールをするのが好きで、よく家の近くや近所の公園でキャッチボールしてたんだ。 野球部に入ったことなんてないのに一丁前に硬式球を投げていた。 筋肉が出来ても…